ファンフレンズプログラムファシリテーター養成講座のご案内

5歳~7歳までを対象に行う認知行動療法に基づいたファンフレンズフプログラムをしていただけるファシリテーターの養成講座の開催が決定しました。

保育士、教員、心理士の資格を有する方または子ども支援に携わってられる方や尽力したいと思っている方に是非受けていただきたいと思います。

8月29日のサンケイ新聞朝刊に「自己肯定感が高い子は好成績」と掲載されていました。

まさに、フレンズプログラムは「自己肯定感」「社会的スキル」「情緒性」「レジリエンス(困難を乗り越える力)」を育んでいくプログラムになっています。

世界的に25ヵ国実施されていて、WHOも認めるプログラムです。

この頃の子ども達を見ていて、自分で自分を認めたり、また他者とうまくつきあえなかったり、感情をうまくコントロールできない子や物事を多面的にポジティブに考えられない・・などの子ども達が増えているような・・・気になっています。

他国がこのプログラムの必要性を感じて学校の授業で実施されていることを受けて、日本でもいつか必ず実施されることを願っています。その担い手になっていただける方を募ります。

日時:2017年11月11日(土)及び12日(日) 10時~17時 の2日間

場所:和歌山カウンセリングルーム ※但し、参加者が7人以上の場合は変更します。

定員:10名

受講料:6万円 ※マニュアル、ワークブック、認定証代含む)

締切日:10月31日(火)

その他ご不明な点がございましたらtanaka@wcrt.jpからご連絡いただくか、http://wcrt.jpのお問い合わせメニューからお願いします。