「褒められるより、褒めている自分が成長する」

 人が集まっておしゃべりが始まるとどうしてもアンバランスになりがちだ。話好きな人はたくさんお話をする。しかし、悩み事を抱えていたり、自己否定感が高い人はつい聴き手にまわりがちになりやすい。そんな場面で話を振ってくれる人がいると場は一変して和やかになるものだ。人は雑談にしろ、自分の思いを話すことで気が晴れるのだ。

 ただ、そういったコミュニケーションにおいて、できるならば相手を思いやりお互いに情を通いあわす会話を心がけたい。人は褒められて嫌な人はいない。しかし、人から褒められるよりも、個性をもつ相手の素晴らしいところを見つけて褒めることを心がけられれば自分の成長にもなるのではないか。褒めることを通して、お互いに自己肯定感がもてる良好な人間関係が築けるはずだから・・・。