ごきげんよう

私には大好きな恩師がいる。

その方はいつも別れ際に「ごきげんよう」と言葉がかえってくる。

その何とも言えない優しい声と思いが、私を包み込んでくれるのだ。

「ご機嫌よくお暮らしくださいね」と相手を思いやる心がこの言葉に含まれているのであろう。

ひとはとかく機嫌に左右される。

不機嫌な思いでいると、表情も態度も快活さを失い、人も近寄らせない雰囲気をつくってしまう。

そして、この言葉を思い出した時にふと我にかえって反省するのだ。

自分自身が機嫌に左右されてはいないかと・・・。

気分に左右されことなく安定した気分で、生かされている日々をおくっていきたいとふと思うこの頃である。