「話す」こと

「あぁ、あんなこと言わなければよかった」「言うつもりじゃなかったのに」なんて経験誰しもあると思う。

私たちは自由に考え、自由に話をしているつもりでも、そこにあるのは刺激による反射だけである。

言葉の失敗はこの反射に対してコントロールできない自分にある。

今自分はどんな心でいるのか?どんな状態なのか?

自分の五感を感じること、そして、落ち着いて穏やかに相手に余計な苦しみや刺激を与えないよう配慮す知覚的話し方をしたいものである。