私のひとりごと一覧

命のメッセージ

命のメッセージ

 余命半年の宣告を受けて、わずか13歳で天国に逝ってしまった一人の少女。その少女が「命を見つめて」という題名で弁論大会で伝えたメッセージがある。

 ❝みなさん、みなさんの本当の幸せって何だと思いますか。・・・・それは、地位でも、名誉でも、お金でもなく「今、生きている」という事なんです。私は6年生の時に骨肉腫という骨のがんが発見されて約1年半に及ぶ闘病生活を送りました。病気に負ければ命がないといわれ、足も切断しなければいけないと宣告されました。とてもショックでしたが、必ず勝ってみせると決意して希望だけを胸に真っ向から病気と闘いました。・・・・しかし、一緒に闘ってきた仲間が次から次に亡くなっていきました。厳しい治療と検査の連続で心も体もボロボロになりながら、生き続けるために必死で闘ってきましたが、あまりにも現実は厳しく生き続けることが困難で、これほど偉大なものかと思い知らされました・・・・健康な体で学校に通ったり、家族や友達と当たり前のように過ごせるという事が、どれほどしあわせなことかという事です。

 どんなに困難な壁にぶつかって悩んだり、苦しんだりしたとしても命さえあれば必ず前に進んで行けるんです。生きたくても生きられなかったたくさんの仲間たちが命をかけて教えてくれた大切なメッセージを、世界中に伝えていくことが私の使命だと思っています・・・いつどうなるかなんて誰にもわからないんです。今生きている事に感謝して悔いのない人生を送って下さい❞(一部抜粋して)

この作文を読んだ弁論大会の二ヶ月後に少女は力が尽きた。

今生きていることに感謝である。

 


レジリエンスについて

レジリエンスについて

この頃、特に思うことがある。

子離れできない親御さんである。

特にこのお仕事をさせていただいているせいなのかと思いつつ、親離れできていないことすら気付けないで不安症にさいなまれているいわゆる子どもが多い。

社会にでたときに、ものごとを自分中心に考えて、まとめて、判断して、決断を下すという作業ができないのである。

(親に)言われるままに生きてきた子どもが、一人前になれないまま社会にでても、身についていない経験は学習のしようがない。

そうなると、結局安心と思わせてしまう親の支配に入ってしまうのである。

「ほらやっぱり私がいなきゃだめでしょ。」と親は思うし、「やっぱり私ってだめ。」と子は思う。

勝手なことをしたことで責め立てられる恐怖が脳を支配する。

一人前に社会で生きるすべを見いださせる役目は親にある。

しかし、気づけない親であれば、社会にでて怒濤に迷っている子どもがレジリエンスを身につけて親を乗り越えてほしい。

当ルームで行うレジリエンスプログラムはそんな人のためになるはずだ。

一人でも多くの方に知ってほしいと切に思うこの頃である。


サイコドラマワークショップの開催結果について

サイコドラマ

3月19日、20日の二日間で行いました。

遅くなりましたが、少し様子など知っていただけたらと思い、ご報告いたします。

参加者は10名でした。

東京からも先生の他に、カウンセリングを学んでいらっしゃる方たちもご一緒に参加いただきました。

また、WEBサイトをご覧いただいた方で、他府県の方にもご参加いただくことができました。

これは、インターネットがなすお陰様と感謝した次第です。

体験型のこのワークショップは、参加者がそれぞれに交代しながら、自身が経験したある場面を再現しながら、そのときの感情を再認識するといったものです。

参加者によっては、心理的にいろいろな部分が引き出されるため、とても深く意味のあるワークショップだったという声がありました。

また、向き合えずにスルーしてきた感情が引き出されたことで、良くも悪くも改めて向き合うきっかけになったという声もありました。

こういった感想をいただきながら、計画した自分としては、今回初めて行ったこのワークショップを第1回目と位置づけて続けてやりたいと思いました。

また、やる意味があると感じました。

それは、快くお受けいただいた植村先生も語られたことでした。

また、次回の開催につきましては、また検討していつかWEBサイトに掲載する予定です!


心コロコロ

心コロコロ

ある本を読んでいると目にとまった言葉があった。

心こそ心惑わす心なれ 心にこころ心許すな

人の心が持つたくさんの綾ともいうべき多面性に、心そのものが過敏に反応して、心が大きく突き動かされ、揺れ惑うということである。

そして、心惑い、揺れ動き変わっていくことを懸念して、「心にこころ心許すな」と心惑う心を追い詰める句になっている。

自らの心で己の深い心を守りぬかねばならない」と伝えているのである。

世の中の様々な情報から翻弄されやすい環境にさらされている昨今を振り返り、しっかりと己の心と向き合う心構えを教えてくれているようで、ふと我にかえって自問自答した。


選ぶことは捨てること

人は一生悩みながら生きていると言える。

つまり、人は絶えず人生から問いかけられているのである。

理想やこだわり、完璧さを求めるがゆえに、悩み苦しみから逃れられないと思ってしまう人も多い。

とかく、カウンセリングをしているとそんな方たちが多いことに気付くのである。

現実をなんとか良くしたい…、良くなるにはどうしたらいいのだろうか…と、選択したくなる。

しかし、悩みはただ解決し片づけてしまえば良いものではなく、その意味を見出して、これからの人生において捨てるべきものをみつけていくことなのかなと思うのである。

何が大切なのか、何を重んじていけば良いのかとシンプルに戻る。

自分の人生を全うするために何を捨てるのかを問いかけられているように思うこの頃である。