「生きてゆくことの意味」

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたびに

胸をよぎる愛しい人々のあたたかさ この星の片隅でめぐり会えた奇跡は

どんな宝石よりも大切な宝物 泣きたい日もある 絶望に嘆く日も

そんな時そばにいて 寄り添うあなたの影 二人歌えば懐かしく蘇る

ふるさとの夕焼けの 優しいあのぬくもり・・・

  本当に大事なものは 隠れて見えない

  ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある

いつかは誰でも この星にさよならをする時が来るけれど

命は継がれてゆく 生まれてきたこと 育ててもらえたこと

そのすべてにありがとう この命にありがとう 

                   竹内まりやさんの「命の歌より」

先日この歌がラジオで流れていて、この詩に引き込まれて、口ずさんでは胸が熱くなり、色々な思いが走馬灯のように巡り、涙がたまらなく溢れる。今命があること、今を生きていくことの意味をかみしめているこの頃である。