気遣い

あることで知り合いおつきあいさせていただいている方がいる。

気遣い上手でいつも心洗われる。

常に相手を思い、さりげない気遣いをして下さるのである。

その方が、1日に8回は「すみません」と「有り難う」を言葉にするようにしているという。

理由は常に感謝の心を忘れないようにするためだという。

思っていても言葉にしないと伝わらないし見えないという。

まさにそうである。

「思いをやる」ことであろう。

あるCMで「おもいは見えないが思いやりはみえる」といったことを耳にしたことがある。

今までを振り返りどれだけ今伝えたいか・・・

いろんな場面を思い出しながらどれほどに伝え足らなかったか・・・

過去に心を寄せてみると「有り難たかった」「申し訳なかった」と思える今がある。

感謝である。m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました