「気遣う」

誰もがストレス状態にあるこのコロナ禍で、ふと思うことがある。それは、「気遣う心」の再確認だ。人に迷惑をかけないのが「気遣い」で、人に何の迷惑をかけていないのに自意識過剰で気にするのが「人目を気にする」になる。人目を気にするあまりに自分を発揮できずに苦悩している方に出会う。狭い場所で大声をあげて歌う人は気遣いのない行動になるが、周りの目を気にするあまりに、歌手になる夢を諦めてしまう人がある。ジョン・レノンは「他人に迷惑をかけなければ、あなたには、限られた自分の時間を、好き勝手に使う権利がある」と言葉を残している。お互いを気遣いながら、自分を見失わないように過ごすことができたなら・・・と思うこの頃である。