「心の健康と体の健康」

スマイリー, 絵文字, 怒り, 怒って, 不安, 感情, ボール, 穏やかな, 文字, 陽気です, 混乱

 亡くなった母方の祖母がよく「春は木の芽時、生物である人間にもくすぼっていた心や体のいろんな芽が出てくるもんだ。」と教えてくれたのを思い出す。

 特に今年の5月には「令和」という新時代の幕開けとなり感慨深いものがある。「平成」の時代半ばに第二の人生をスタートし、平成最後の年に再び人生観についてふと考えるようになった。意図的ではないだけに前意識が呼び起こしてくれたんだろうかと思う。

 15年間というもの必死に、楽しくもあり、苦しくもあり、悲しい時もあり、悔しい思いもしたが・・すべてが充実していた。すべてに意味のあることだった。

 が、・・・戸惑いが芽生えた。「このままでいいのか」「どこへ向かっているのだ」「向かう先はいったいどこなのだ」と・・・。

 「令和」を迎え、少しスピードダウンして心も体もようやく自分の世話ができるように思える。

 自分の居心地がよいと思える「居場所」「時間」を探すことで、多少のことに動じない心の安定感が保てるのだなぁと、木の芽どきの今思える自分である。


威張る人ほどバカにされる

一人でことを行うのは、だれからも批判されることはない。しかし、集団となるとややこしくなる。偉そうに支配したがる人が出てくる。しかし、結局のところ地位や立場を笠に着て、偉そうにする人ほど愚かしいことはないのだ。鼻持ちならない態度は周りから嫌われ、偉ぶる心は他から何も学べないし、成長も止まるのだ。相手を尊重できる慎ましい人物こそ人々から尊敬されるのだと、自分に言い聞かせ身を引き締めるこのごろである。

 


箱庭療法ワークショップ開催の様子

4月3日・10日と箱庭療法ワークショップを開催しました。初めて体験された方から「とても楽しかった」「子供たちにさせてやりたい」「お友達にも紹介したい」「何気に置いたつもりが・・心の中の思いが形として表れるなんて自分でもびっくり」「勇気がわいてきた」「とても充実した感覚です」など・・感想をいただきました。

そして、またやりたい!と・・皆さんそう言っていただきました!

 

 

 


各種研修会のご案内

2019年度の各種カウンセリング研修会として、「カウンセリング研修会」「箱庭療法研修会」「TCカラーセラピー研修会」「ロールプレイング研修会」を4月からスタートします。

興味のある方、実際にカウンセリングを行っている方などが自身の研鑽の場としてご利用いただいています。

詳しい日程につきましては、研修会メニューをご覧ください。


レジリエンス及びフレンズプログラムファシリテーター養成講座開催決定!!

認知行動療法に基づいたプログラムで、引っ込み思案なお子さんやコミュニケーション力を高めたいという方たちのためのプログラムです。ぜひ支援をしたいと思われる方は、この機会にファシリテーターの資格を取得してお役立ていただきたく思います。開催は下記の日程で行います。詳しくは、フレンズプログラムのメニューをご覧ください。

大人向けレジリエンスプログラムファシリテーター養成講座は4月13日&14日

子供向け(6歳-7歳)フレンズプログラムファシリテーター養成講座は5月3日&4日